国家資格の基本情報

国家資格とは、法律に基づいて国や地方公共団体、更には国から委託を受けた機関が実施する試験に合格した人のみに与えられる資格のことです。
有資格者は、知識や技術が一定水準以上であることを国によって認定されることになります。
これは国から職業的な地位を保障され、社会的信頼度も高くなる資格であることを意味します。

例えば「弁護士」と言われたら想像つきやすいと思います。
弁護士と聞けば「なるのは難しいけど将来は安定」というイメージがありませんか?
まさにそのイメージが国家資格というイメージに当てはまると思います。

国家資格はその資格の性質を3種類に分類することができます。

【業務独占資格】
資格がなければ、その業務を行うことが禁止されている資格のこと。
例としては「公認会計士」「弁護士」「税理士」「医師」。
業務独占資格は、資格を持っているだけで価値が高く、 多くの資格の中でも社会的ニーズが比較的高い資格が多いです。

【名称独占資格】
有資格者だけが名乗ることを認められている資格。
業務独占資格とは違い、資格を持っていなくても有資格者と同様の行為を行うことはできるという意味です。
例としては「介護福祉士」「社会福祉士」「技術士」「栄養士」「マンション管理士」。

【必置資格】
別名称が「設置義務資格」とも呼ばれています。
事業を行う際、その場所に事業内容に沿った資格保持者を必ず置かなければならない、とという場合の資格。
例としては「保育士」「旅行業務取扱管理者 」「宅地建物取引主任者」「通関士」。

ビジネスにおいての資格獲得資格取るなら「民間資格」